便秘改善で食生活を変えたらダイエットにも成功した

私は子供の頃から胃が弱くて、喫茶店の前を通ったほのかなコーヒーの香りでも胃が痛くなったくらいでした。
家族みんなそんな感じなので、そんなものだと思っていました。
そして学校生活でいじめに遭ってストレスたまっていたからか、便秘もひどかったし眠れないしと、食生活も適当でした。
なので155cmなのに55キロくらいあって、お腹周りが気になって常に気分が多くて落ち込みがち、集中力にも欠け、なんかぼうっとしたところがありました。
この頃はあまり食べ物のことにはあまり興味がなく、それに年齢的にも便秘のことを口に出すのは恥ずかしいという感じで家族にすらあまり相談できず、悶々としていました。
便秘薬に頼っていたけど、これが最悪で全然効かなくなったんですよね。
しかし大学生になったのをきっかけに、たしか食物繊維をとって大豆とか和食中心の食生活にすることで便秘を改善にフォーカス。
色々便利な道具が好きなので、圧力なべを購入して大豆を煮て食べることから始めました。
他にもお芋なども食物繊維豊富なんですが、水溶性でないために腸に負担をかけるらしくて、大豆、寒天とかわかめとか水溶性の食物繊維をとるようにして、根野菜とか野菜の多いお料理を作るようになりました。
そしてちょうど良い歯医者さんが見つかって、ひどくなった奥歯の虫歯を治したんです。
虫歯があるとよく咀嚼できないので胃腸に負担がかかるって知ってました?
胃が痛いのと虫歯とか歯の調子が悪いのは連携してるみたい、当たり前のようで見逃しがちなことでした。
そして頑固な便秘は大豆を毎日少しずついただくことで自然に解消し、実にすっきりした気分で前向きな気持ちになって集中力も出ました。
体重はすぐに3キロは落ちて、50キロを切り47キロに、お腹もぺったんこになったときは嬉しかったです。
もうひとつよかったのは、お料理が大好きになって、料理本やテレビのお料理番組でいろいろ勉強して、昆布とかつおからおだしをとったりと健康に良くて基本的なお料理が身に付いたことですね。
そして胃腸の調子が良くなったために、コーヒーの香りで胃がきゅんと痛くなっていたのが治り、ブラックコーヒーさえ飲めるようになったのは驚きでございました。
とにかくお腹や便秘のことを気にせずにほかのことに集中できるって楽しいです。
いろいろ忙しいと食べ物のこととか排泄のことはおろそかになりがちで、あまり関心を持たないものですが、健康に直結していることは確かですし、健康的にリバウンドなし、続けられるダイエットは、食生活の見直しが一番おすすめだと思います。