なんだかんだで日本にいるのがイチバン

今はコロナ渦で海外への旅行なんて考えられませんが、一昨年旅行したタイの物価は日本の約4分の1だと現地のガイドさんに聞きました。日本では到底住めないような家賃の高いマンションも、タイに住んだら安く借りられるのです。
日本では20万円するレベルの部屋がタイでは5万円で借りられる計算になるので、生活するための固定費はグッと下がります。現地のガイドさんも言ってましたが、実際に5万円出せばそれなりに良いマンションに住めるようです。
タイで5万円の家賃を払えば、警備員が常駐しているマンションなんて当たり前。ジムやプールまで付いている物件も多いのだとか。
日本に住んでいても田舎だと家賃は下がるけど、買い物する場所はかえって遠くなるし学校も近くにないので、不便になることが容易に想像できてしまうため、引っ越そうなんて気持ちには全くなれません。経済的には大変ですが便利な都会をついつい選んでここまで生きてきました。
もちろん緑や田畑など、自然が多い環境のほうが子どもにとってはいいのかなとも思います。ただ以前に聞いた話の通り、田舎ほど排他的でよそ者には厳しいということであれば、もはや家賃が安くなるメリットなんてたいしたことないとしか思えません。
田舎で自由な暮らしを手に入れられたと思ったのもつかの間、監視社会で生きていかなくてはいけないのなら、都会のほうがよっぽど住みやすいとさえ感じます。少なくとも、人付き合いの苦手な私にとって、田舎のコミュニティーは苦痛に感じることは容易に想像がつきます。
私が育った街は子ども時代は何もなかったのに、今では大きな商業施設が作られるほど大きくなりました。人口はいつの間にか20万人を突破して、市政だよりを見ても年々増えているのがわかります。
ただ人口が増えたせいなのか、治安がどんどん悪くなっているような気がします。都会は人が多いですが、人影や物陰が出来やすい分だけ、悪いことをするのも容易なのかも知れません。
タイは物価が安くそれなりに栄えていますが、やはり治安のことを考えると心配です。それに1日中黙っておくなんてことが出来ない性分なので、言葉が通じないのはストレス以外の何ものでもありません。
それに日本でも役所などの手続きが大変なのに、言葉が通じないとなると一体どうなるのか。病院だって、日本語対応のところは限られているので自由に選ぶことができません。
こうしていろいろ考えると、やっぱり日本が一番良いなと思うんです。