なぜ転職エージェントを利用したら内定率が上がるのか?

転職エージェントを利用すると内定率は上がることが報告されています。
つまり、転職活動において失敗しないためにも転職エージェントの利用は不可欠です。

ただしかし、なぜなぜ転職エージェントを利用したら内定率が上がるのでしょうか。

理由は大きく分けると以下3つに分けられます。

①書類添削や面接対策などのサポートが充実しているから
転職活動では履歴書と職務経歴書の提出が必須です。
特に職務経歴書は面接時に用いる重要なコミュニケーションツールで合否を分ける書類でもあります。
内容が不明確で企業が求める人物像ではないと判定されれば書類選考の時点で落とされる確率もあがります。
なので、転職エージェントがこれら書類に関して添削と面接時のアドバイスをしてくれます。

②応募企業に対し推薦状を書いてくれるから
なんだかんだ最も使えるのは推薦状の存在です。
求人を出す企業に応募したら書類選考に進みます。
個人で応募すれば提出した書類“だけ”で合否が決まりますが転職エージェント経由だと違います。
転職エージェント独自で作成してくれた推薦状もプラスして合否判定を行われます。
かつ転職エージェントは企業との強いパイプで繋がっており、推薦状の存在が大きいといえます。
なので、推薦状のために転職エージェントを利用するのも手段としてはありです。

③企業の内情まで教えてくれるから
求人情報には基本決まりきった情報や定性情報しか掲載されていません。
なぜ今求人を出すのか?どのような人物を求めているのか?企業の内情までは求人から読み取るのは難しいです。
しかし、転職エージェントは内情まで知り尽くしています。
なぜなら、転職エージェントが求人を出す企業に直接会って求人掲載の契約を結んでいるから内情が分かるわけですね。
内情が分かれば企業研究と自己分析の精度は高まります。

以上の3つが転職エージェントを利用して内定率アップの秘訣といえます。
これから転職活動を始める予定の方や2回目以上の方もぜひ参考にしてみてください。

参考情報:takahiro BLOG